症状に個人差がある自律神経失調症|食事や自律神経のケアの重要性

患者
このエントリーをはてなブックマークに追加

脳ドックを受ける習慣を

医者

脳動脈瘤は未破裂のものならば日本人の約20人に1人程度が持っているものとされ、そのほとんどは無症状です。脳動脈瘤が脳ドックなどで見つかったら、経過観察を行い、治療方針を担当医とよく相談して決めることが大切です。

読んでみよう

身体のバランスを保つ

男性

規則正しい生活習慣

食欲不振も自律神経失調症にみられる症状の1つで、食べ物の消化や吸収、循環や排出などを司るのが自律神経です。働きを促す副交感神経と抑制する交感神経のバランスが崩れ、優位になる交感神経の抑制する働きが勝り、食欲不振に陥ります。意思とは関係なくコントロールされるのが自律神経の最大の特徴でもあり、副交感神経が優位にあることで胃腸が活動して食欲増進に繋がります。内科を含む病院では、健康的な体づくりの食生活に対する指導や療法を提案してくれます。特に自律神経失調症の人は、バランスの取れた食事を摂ることで体の調節機能が整えられるために活用したいテクニックですし、時に新しい料理を取り入れることも食事の楽しみに繋げられるメリットです。

疲労回復やリフレッシュ

症状には個人差があるものの、自律神経失調症の中でも倦怠感を感じるケースが多く、何をやっても疲れやすく無気力になりやすい特徴があります。精神科や心療内科などでは、疲労や睡眠不足などの生活に関与するだけではなく、人間関係や仕事に対するプレッシャーなどのストレスの積み重ねも背景にはあるため、倦怠感が続く場合に理学療法を提案してくれます。指圧やマッサージなどを施すだけではなく、温熱や電気などを照射することによって筋肉をほぐしたり、血流を促進させて身体症状までも同時に緩和させてくれます。例えば、鍼などを用いた療法によって神経が刺激されますが、交感神経と副交感神経のバランスが整い、疲労回復にも繋がり、自律神経失調症の改善にも役立ちますし、何よりも心からリフレッシュできる利点が得られます。

たくさんの施設

聴診器

世田谷区には多くの人が居住をしているために在宅医療をすることができる医療機関も数多くあります。その中でも、病院と同じような医療サービスを受けることができたり他の機関と連携しているようなところは人気があります。

読んでみよう

病院に関する情報

看護師

病院専門のナビゲーションサイトを利用することで、岡山で透析治療を行っている病院をスムーズに見つけることができます。診療時間が掲載されているだけでなく、直接予約が入れられるフォームが設置されていることもあります。無料の送迎サービスを使えば、交通手段がない人でも毎回忘れず通院することができて便利です。

読んでみよう