症状に個人差がある自律神経失調症|食事や自律神経のケアの重要性

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

脳ドックを受ける習慣を

医者

破裂する前に

脳動脈瘤とは、脳の動脈の壁にこぶのようなふくらみができる症状です。このふくらみが破裂していないものを、未破裂脳動脈瘤といい、無症状のため、日本人でも約5%程度の割合で脳内にあるものとされています。未破裂脳動脈瘤は無症状なことが多く、自分では気が付かなくても脳ドックやMRIなどで偶然に発見されることがよくあります。破裂前で無症状であるとはいえ、脳動脈瘤にかわりがなく、多少なりとも破裂する危険性をはらんでいます。このこぶが破裂してしまうと、脳出血やくも膜下出血の症状が起こります。多くの脳動脈瘤が破裂してしまう割合は日本をはじめ世界中で研究されていますが、実際の破裂率は低いということがわかっています。

経過観察が必要です

破裂率が低いですが、今後どうするかは担当医師と相談して治療や経過観察などを決めることが大切です。未破裂脳動脈瘤がある人で、ろれつがまわらない・しゃべりずらい・倦怠感・視野欠損・手足がうまく動きにくいなどの症状が出てきたら注意が必要です。脳動脈瘤は、破裂すると怖い病気です。破裂した時の症状として、激しい頭痛・吐き気やおう吐・目のかすみ・けいれん・感覚や意識がなくなるなどがあげられます。脳ドックなどで未破裂脳動脈瘤が見つかり、何らかの処置を行わなければならない場合、手術を行わなければならないこともあります。脳動脈瘤のこぶの部分を医療用クリップでとめる方法や、血管内にコイル状のものを入れて栓をする方法などがあります。